ブログ | 株式会社 平井板金 | 加須市、久喜市の屋根・外壁リフォーム工事のプロフェッショナル
tel_top

ニチハ パミール・旧KMEW(松下電工)レサス・シルバスでリフォームをお考えの方はお読みください。

こんにちは。

今回は、平板スレート系屋根材の上に金属屋根でカバーする工事を行いました。

平板スレート系の屋根材は塗装するか、葺き替えるか、カバーするかのどれかになると思いますが、今回は”絶対に”塗装してはいけない屋根材をご紹介いたします。

 

その屋根材は、ニチハのパミールという屋根材です。

パミールというのは、アスベストの使用が駄目になって、1990年頃から発売された平板スレート初期のノンアスベストの平板スレートの屋根材です。

その他にも、旧KMEW(松下電工)のレサスやシルバスも同じような屋根材ですので、そちらでリフォームをお考えの方も参考にしてください。

 

まず、実際の写真をご覧ください。

これが今回、実際に工事をさせていただいたお客様のお家の屋根(パミール)です。

このように、層間剥離により、めくれ、浮き、割れなどが発生しています。

 

この状態の屋根に塗装をしても、正直あまり意味がありません。

 

実際にあったエピソードを一つご紹介致します。松下電工のレサスに塗装屋さんが塗装をして、僅か半年で同じようにささくれ現象が発生してしまいました。

結果的には、剥がして再度コロニアルクァッドを新規で葺き直しましたが、こうなってしまうと、塗装代+吹き替え代がかかってしまう場合もあります。

このように、こういった屋根材に塗装をしてもすぐに同じようにボロボロになってしまうので、”絶対に”塗装工事は受けないようにしましょう。

 

今回、平井板金では金属屋根でのカバー工事を施工させていただきました。

ここで少し小話を!

平井板金では、屋根の下葺材(ルーフィング)にも気を使っています。

この時期、普通のルーフィングでは表面が溶けてベタベタになってしまいます。

そうすると、靴にそれが付着し、新しい屋根材を汚してしまう可能性もありますので、平井板金で写真の用に付着しないルーフィングを夏場は使用しています。

 

これで新しく屋根材を葺いていけば、完工です。

アフターはこちらです。

 

リフォーム前のササクレのような屋根が嘘のように綺麗になりましたね!

断熱材付きの金属屋根材 横暖ルーフを使用したので、断熱もバッチリです!

 

平井板金では、こういった屋根材の種類についても日々勉強をしていますので、自分の家の屋根が何かわかならい方も、安心してご相談ください。

ポリカーボネートにシリコンシーラントは絶対NG!!

ポリカーボネートのコーキング補修ってご家庭でも結構やることが多いのでは無いでしょうか??

平井板金でも、ちょっとしたポリカ波板の補修等、結構相談されることが多い案件の一つです。

そこで今回お話ししたいのは、ポリカーボネートに使用するコーキングについてです。

コーキングって種類がたくさんあって良くわからないですよね。。

しかし、材質によって使用するコーキングは違うので注意が必要です。

 

下の写真はポリカーボネートに、シリコンを使用してしまった為に発生した、ひび割れです。

本当に驚きです。

シリコンを使用するとこんな風になってしまうんですね。

 

これはシリコンの成分とポリカーボネートの相性が合わない為に起こる、

ケミカルクラック

という現象です。

こうなってしまうともう手遅れなので、新しいものと交換しなくてはいけなくなります。

 

ポリカーボネートの交換は決して安いものでは無いので、こうならない為にもしっかりと相性の良いコーキングを使用しましょう。

 

以下メーカー推奨品

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セメダイン 8051Nホワイト 330ml SR-142
価格:597円(税込、送料別) (2019/6/4時点)

楽天で購入

 

 

こちらの商品は、脱アルコール型でポリカ、アクリルにもしっかりと対応していますので安心してご使用いただけます。

 

もちろん、平井板金はこういった知識もキッチリと取り入れていますので、是非ご相談ください!

加須市で車庫の改修工事を行いました

加須市で車庫の改修工事

今回は費用を抑えて工事することが出来る、鉄板小波という屋根材と、雨樋にはPanasonicのアイアン丸105という雨樋を使用しました。

 と

これが改修後の写真です。

飾りすぎずスッキリしていて和風なお家にはとても似合います。

 

最近は強風で屋根が飛ぶことも増えているので、屋根材を止めるのには専用の波板ビスを使用しています。

少し費用は上がりますが、従来の傘釘よりはるかに強度があるので平井板金では必ずこのビスをしています。

また、雨樋のPanasonic アイアン丸105は、他のメーカーの雨樋とは違い芯に鉄が入っています。

これは想像以上に効果絶大で、割れ、変形にとても強いものとなっています。

雨樋市場でもPanasonicはシェアトップなので長い間ご安心していただく事ができます。

 

平井板金ではお施主様の費用に合わせた施工が可能です。

お気軽にお問合せ下さい。

波形スレート屋根の改修は塗装?カバー?どっちがお得?

波形スレートの耐久年数は30年!30年目以降は?

波形スレートの屋根は今でも良く見かけますよね。

工場や倉庫、ちょっとした小屋等いろいろな場所に使われています。

ここ最近では新築で使うことは特殊な一部を除いて少なくなってきました。

 

少し前は主流だったこの屋根材。耐久年数は約30年と言われています。

最近はこの波形スレートの改修の話をよく聞くのですが、よくある質問に”塗装工事”と”カバー工事”どっちが良いの??という質問があります。

 

その答えとして、私が強くオススメするのは、

カバー工事です。

 

塗装工事と比べてやはり費用は少し高めにはなりますが、多くのメリットがカバー工事にはあります。

いくつかメリットを挙げさせていただくと、

①屋根材が新しく板金で葺かれるので見た目もスッキリして良くなる。

②スレートの劣化や割れで雨漏りしている箇所は塗装では治らないが、カバー工事では補修することが出来る。

③スレート屋根材は割れても、板金屋根は割れない

 

等、以上の事が挙げられます。

 

近年では豹や台風でスレートが破壊される事が良くあるので、やはり板金でカバーする方が長期的に見てもかなりお得です。

 

今回、板金で波形スレートをカバーする工事の動画をご用意しましたので、気になる方は下記より動画をご視聴ください。

https://www.youtube.com/watch?v=tbhNu6plUp8

 

塗装を考えている方も一度ご相談ください!

ベランダ改修工事

ベランダ改修工事

今回は前回の続きで、同じお家のベランダ改修工事です。

まずは改修前の写真を見てみましょう。

サビが酷く、決して良い状態とは言えませんね。

 

今回は一度解体して、新しく下地から組み直していくことにしました。

既存のベランダを撤去したのが下の写真です。

※周りのリフォーム施工後の写真となります。

 

新しく下地を組んでいきます。

下地はヒノキを選びました。

桧の特徴は、軽軟で特有の芳香と美しい光沢をもちます。弾力性、靭性にも優れていて、なおかつ狂いが少なく加工性も良いです。 耐久性も優れている他、耐湿、耐水性に強く、保存性が凄く高いです。

以上のことから、今回ヒノキを使用させていただきました。

下地を組んでステイン塗料で塗装しました。

 

周りも組んでいきます。

ここまで来たら、外壁や屋根材を施工していきます。

ベランダの外壁には窯業サイディングを使用し、屋根材にはポリカーボネートの波板を施工していきました。

どちらも比較的安価で耐久性があるので、非常にオススメです。

 

さて、改修後は一体どうなったでしょう、、、!

 

 

アフター

 

こちらがアフター後の写真です。

色合いも綺麗にまとまって凄くスッキリしました。

長年頑張ってきたベランダが生まれ変わりましたね!

 

平井板金ならこんな大工仕事も可能です!!

こちらの工事は、お客様の意見に合わせてオシャレな施工も出来るので是非ご相談ください。

トタン屋根のカバー工法工事

トタン屋根のカバー工法工事

こんにちは。

今回は金属屋根の改修工事(リフォーム)で、葺き替えでは無くカバー工法を行いました。

カバー工法は、既存の屋根の上に新しい屋根材を乗せるので、外観を美しく生まれ変わらせる事が出来ますね。

既存の屋根材を剥がして、新しく下地を組んで、新規の屋根を乗せる葺き替えよりもグッと予算を抑えることが出来るのがメリットです。

 

外観を綺麗にするのには、他に塗装工事もありますが長年頑張ってきたお家が

雨漏りをしている、サビが酷く塗装が難しい

こんな時は塗装だけしても満足出来る結果が期待出来ないので、カバー工法で解決ですね!

今回の物件の施工前はこんな感じの屋根でした。

瓦棒葺きという少し前に一般的だった金属のトタン屋根ですね。

やはり経年劣化でサビなども酷く、塗装するのは難しい屋根でしたのでカバー工法で

施工させていただきました。

 

奥に見えるのが新しく乗せる材料です。

写真にも写っていますが、既存の屋根に専用の取り付け金具を付けて新しい屋根材を乗せていきます。

しっかりと雨仕舞も考えられているカバー工事専用設計なので、お施主様にもご安心いただけます。

 

こちらがカバーした後のアフターの写真です。

全然違いますね!写真ではわかりにくいですが、やはり新しい屋根材は光沢なども違いますのでとても美しいです。

この後に棟などの役物を付けて、しっかりとお掃除をして完工となります。

 

古いトタン屋根でお悩みの方は是非、平井板金へご相談ください!

 

P.S. こちらの物件ではベランダの改修工事も行ったので次回の記事でご紹介させていただきます。

 

 

ガルバ屋根に葺き替え工事 加須市騎西

今回は既存の屋根を下して、新規の屋根を葺く”葺き替え工事”を行いました。

葺き替え工事では、下地も新規に施工することが出来るので、施工後も長く安心していただけます。

 

リフォーム後の使用屋根材

こちらのお住まいには、ニチハの横暖ルーフSという屋根材を施工させていただきました。

こちらの屋根材は、裏に断熱材が貼られたガルバリウム鋼板の屋根材です。

裏の断熱材でしっかりお家の中の快適温度を守ります。

また、屋根材も非常に軽く一般的な瓦屋根の1/10、コロニアル等のスレート系屋根の1/4

と、凄く軽量で頑丈なので耐震性にも優れます。

 

凄くメリットの多い反面、デメリットもあります。

それは、金属屋根なので雨音がうるさい、、、。

 

しかし、平井板金なら大丈夫です。

 

雨音の対策

デメリットの雨音を軽減するのに、下地と屋根材の間にビルボードという下地材を入れました。

このビルボードというのは、雨音と熱の伝わりを低減する屋根下地材です。

金属屋根とビルボードの相性は抜群ですので、こちらでしっかりとデメリットを解消できました。

 

アフター

施工中と施工後の写真はこちらです。

施工中

 

施工後

 

横暖ルーフの断熱と、ビルボードの遮音、断熱でW断熱効果を可能としました。

屋根材も横葺でスッキリしていて美しいですね。

 

気になった方はいつでもお問合せください!

 

初春のBBQ&海釣りイベント!楽しい職場で一緒に働きませんか!?

こんにちは!

少し前の話なのですが、こないだは社員一同と協力会社様で茨城の大洗にBBQ&海釣りをしに行きました!

砂浜でオフロード遊びをしたり、BBQで楽しんだり、海で釣りをしたりととっても楽しい大満足な一日になりました。

すっごく楽しそうですよね??(笑)

そうです。平井板金 とっても楽しいんです!

どうしても現場仕事にあまり良いイメージを持たない方って多いと思うんです。

実際昔ながらの考え方や、仕事の仕方が多いこの業界。。

若い人は嫌になってしまいます。

けれど、平井板金は違います!

私たち㈱平井板金は若い子の育成にとても力を入れています。

楽しく働きやすい環境で確実に力を付けていく。

周りの社員や社長にも気軽に相談や雑談が出来る。

こんな板金屋さんは他にはありません!

今回のイベントも皆のモチベーションを上げるためのイベントです。 あっ、もちろん強制ではありませんよ!

板金、屋根、外壁、興味あるけど、現場って不安。。

そんな方、是非私たちと一緒に働きましょう!

☆↓↓求人詳細は下のページに載せています↓↓☆

http://hiraibankin.sakura.ne.jp/index.html

仕事納めです。

2018年もお客様はもちろんの事、社員や元請様、協力業者など多くの方々に支えられ無事に終える事が出来たことを感謝しています。

お知らせ:平井板金は12月30日から1月6日までお休みを頂きます。

来年もよろしくお願いします。