雨漏りの原因は屋根の劣化や棟の破損、雨樋の詰まりなど様々です。
なかでも劣化は年月が経つと強度や性能が低下するので破損やヒビ、ズレなどの原因になることが多いです。
今は大丈夫と思っていても危険サインがでていることがあります。

konna
・天井や壁に雨染みがある。
・以前は匂わなかったのにいつからかカビ臭い。
・どこからかポタポタと音がする。



どれも雨漏りの疑いが強いので早めの対処が必要です。

今は大丈夫でも…
あとあと大きな出費、最悪は地震で倒壊なんてことも考えられるのです。

・塗装が剥がれ、色あせがある。
・屋根材にヒビやズレまたは錆がある
・屋根を葺きかえてから何十年とたつ。

これらの場合は一度点検、または葺き替えを検討した方がいいです。
※葺き替え…屋根材を新しいものに取り換えること

雨漏り 天井amamori
dou

sure-toズレや破損などの一部補修が簡単にできるのが瓦の長所です。ですが年月が経つと徐々に耐久が低下し補修の頻度が増えていきます。また昔の瓦の場合はとても重く家の負担が大きいです。軽量屋根材に葺き替えることおすすめします。

スレート瓦(コロニアル)

sure-to細かなメンテナンスが必要なスレート瓦は10年に一度点検や塗り替えが必要です。
塗装の剥がれや色あせがある場合はそのたびに塗り替えをしないと劣化が急速に進みます。また、ひび割れや破損などは一部補修も可能です。メンテナンス費用で悩む人でしたらメンテナンスの少ない金属屋根材への葺き替えをおすすめします。

トタン屋根

昔の亜鉛メッキトタンは塗装が剥がれやすく錆が出やすいものです。こまめな塗装をしないと錆で弱くなり穴が開いてしまう恐れがあります。低コストで塗装し直す方法がありますが、メンテナンスの少ない金属屋根への葺き替えをおすすめします。またカバー工法を検討してもよいと思います。

 新しい屋根材の種類

ガルバニウムルーフ(金属屋根材)

garubanium昔の亜鉛メッキガルバニウム鋼板とウレタンを組み合わせた屋根材のことで、1㎡あたり5kgと軽量のため地震でかかる家への負担を大幅に軽減します。
軽量なのでカバー工法にも最適です。
従来の亜鉛メッキ鋼板に比べ3~6倍の寿命が期待でき、特に酸性雨に強いです。
※カバー工法とは既存の住まいの屋根や壁をはがさずに重ね張りをする工事のことです。
解体をしないので普段通りの生活を送りながら工事をすることが可能です。

  • 費用1㎡ 6,800円~(下地の状態や屋根の形状により別途が掛かることがあります)

 

スレート瓦(コロニアル)

現代風軽量瓦で現代の新築屋根ではとてもポピュラーな屋根材です。
従来の瓦に比べ軽いので地震でかかる家への負担を軽減します。10年に1回のメンテナンスが必要で環境によっては早い時期から葺き替えが必要になる事があるなど耐久性に難がありますが、初期費用の安さは魅力的です。

  • 費用1㎡ 5,000円~(下地の状態や屋根の形状により別途が掛かることがあります)

 

ディーズルーフィング(石粒仕上げ鋼板)

瓦+鋼板の良いとこどり屋根材。最新の屋根材
ガルバニウム鋼板と同等以上の性質のジンカリウム鋼板に自然石粒をコーティングすることで
軽量で耐久性に優れた屋根材。スレート屋根に重ね葺きしても日本瓦の約半分の重量。
しかもメンテナンスも軽減され30年以上経過した屋根も多数現存し、高い評価を得ている。

  • 費用1㎡ 7500円~(下地の状態や屋根の形状により別途が掛かることがあります)

 

カラーガルバトタン

garubaシャープなデザインで金属屋根らしい屋根材です。昔のトタン屋根は薄い鉄板に亜鉛メッキをされたもので非常に錆びやすく色あせるのも早いかったです。現在は塗装技術が進歩したこととガルバニウム鋼板という今までより耐久力のあるトタンが一般的になったことでメンテナンスは少なくなりました。

  • 費用1㎡ 5,000円~(下地の状態や屋根の形状により別途が掛かることがあります)