多くの日本建築の屋根には重い瓦が使われてきました。
ですが現代の建築には耐震性が求められるようになり、今では常識となりつつある屋根の選び方として
多くの軽い屋根が開発されて、使用されるように変化してきました。

では、なぜ瓦を軽い屋根にかえるとよいのでしょう?

軽い屋根で減震効果

地震による揺れによって家にあたえる力は家の重さに比例して加わります。
その力はほぼ建物のおもさと同じ力で、家にかかる負担は大きいです。
重い屋根軽い屋根

また、揺れには家の重心も関係していて重心の高低で揺れの幅がかわってきます。
軽量屋根材を使うことで建物の重量を軽くして、地震の建物に対する力を減らします。
さらに、重心を低くして揺れからの負担を減らす効果が得られるのです。
重い屋根 揺れ幅軽い屋根 揺れ幅

平井板金が提供する軽量屋根材は瓦と比較したとき、
重量は1/10まで落とすことが可能でこれによる耐震効果は絶大です。

耐震補強

hokyo2建物は月日が経つとどんな家でも劣化や腐食によって強度が落ち地震に弱くなってきます。
ですがこれらの劣化は外見からは気がつきにくいことが多くモルタル壁などにヒビ割れや雨染みがあるときは注意です。
また手抜き工事による構造上の欠陥がある物件も存在します。
外壁リフォームの際に同時に補強工事ができますので、
構造上の強度が足りていないと判断したときなどには
必要に応じて提携している耐震診断士に診断してもらい補強工事をしていきます。