8月 | 2016 | 株式会社 平井板金
tel_top

戸袋のカバー工法

雨戸を収納する戸袋がボロボロということで外壁材を使ってリフォームです。
雨戸の戸袋リフォーム1 羽生市雨戸の戸袋リフォーム2 羽生市
シミが見えなくなり、既存の外壁とも統一されて綺麗になりました。

板金棟の交換工事 加須市北川辺

板金棟の交換工事を行いました。

棟板金工事1 加須市北川辺

解体をすると部分的に下地の材木が腐敗してボロボロになっていました。家本体と板金をつなぐ木材なのでここが劣化すると心配なのが雨漏り、最悪は棟材の落下です。

棟板金工事2 加須市北川辺

今回は下地材を樹脂系の物を使用しました。費用は上がりますが材木のようなボロボロな劣化はしないので棟材に最適です。

棟板金工事4 換気棟 加須市北川辺

板金棟には2か所、換気棟を使いました。屋根裏のこもった熱がここから出るので夏場の暑い時期はエアコンの電気代の節約になります。

棟板金工事3 加須市北川辺

贅沢をいえばコロニアル屋根も工事をしたいところですが今回は板金工事までです。

施設の雨どい交換工事 熊谷市

高所作業ということで高所作業車を使用して工事を進めます。
雨どい工事のはかどりは悪くなりますが足場を架けるよりは費用はかかりませんし工事日数も減らすことができます。
ただし作業車が入れるところ限定です。

施設の雨どい交換工事1 熊谷市施設の雨どい交換工事2 熊谷市

施設の雨どい交換工事3 熊谷市
竪樋は劣化していなかったので既存のものを利用しています。

増築リフォーム工事1 幸手市

今回の物件は増築と外壁工事の依頼です。
外壁工事は増築部分の外壁もあるのでまずは増築の基礎工事から始めていきます。
小規模の増築ということなのでブロック基礎での施工の費用を減らしています。

リフォーム・増築工事1 幸手市リフォーム・増築工事2 幸手市

お盆あけから足場工事・木工事と進めていきます。

雨どいの詰まりと掃除

ベランダ下の雨どい(ドレン)が外れていました。
ベランダ雨どい1 ドレン 加須市北川辺

元に戻そうと見てみたところ泥がぎっちり。
ベランダ雨どい2 ドレン 加須市北川辺
重さも相当なものでそのせいで外れたのでしょう。
でも、もしもドレンが外れていなかったらと考えると、この泥の量です、きっとベランダに入った雨が流れず大変なことになっていたことでしょう。水はけが悪いなと感じたら雨どいの詰まりを疑ってください。

コロニアル屋根のコケ・劣化

コロニアル屋根でなぜか一部だけコケが生えて塗装もほぼ剥がれていました。
原因として予想出来ることは屋根上に木材なの腐敗しやすい物を置いていた、ここだけ屋根材が古い物が使われたなど考えられますが、このまま放置しては雨漏りの原因になりかねません。
コロニアル屋根は一枚から差し替えることも可能ですのでご検討してみてはいかがでしょうか?
コロニアル屋根のコケ・劣化 羽生市