10月 | 2015 | 株式会社 平井板金
tel_top

茅葺き屋根のある家 屋根工事1 騎西

今では珍しい茅葺き屋根の家での工事です。
茅葺き屋根の躯体につながっている下屋の屋根工事なので茅をいじることは無いので問題なく終わると思っていましたが、そう簡単にはいきませんでした。

茅葺き屋根のある家 屋根工事1 騎西 

茅と新規の屋根との懐が狭いです。
大工さんのほうから差し込むだけで良いとは言われてましたが場所によっては差し込むことすら困難。しかたなく裁ちバサミで切りながらの作業です。

送別会

ざんねんなことに今月で新井君が退社をすることになりました。
同じ加須市在住ということで一緒に現場を担当することが多かったので複雑な気持ちです。まだまだ若いのでいろいろな事に挑戦して成長してもらいたいです。

平井板金としても、新井君の仕事量が予想以上に大きかったこともあり、社員が一人一人が頑張って仕事をこなしていることに気が付きました。
新井君が辞めて後悔するような会社になるように、またここで仕事をしていたんだよと言ってもらえるような、そんな会社に成長していきたいと改めて思ったそんな日でした。

ノーミティングと送別会

 

ひさしポリカ張替 騎西

ポリカの張替工事です。

最近はブラウンのポリカを張ることが多かったですがクリアマッドもいいですね。
クリアにくらべ、いくらか白っぽいので明るすぎないです。

 

 

ひさしのポリカ張替 騎西

銅版屋根工事

お稲荷様の銅版屋根工事です。

あやめ折と言う加工で銅板を加工していきます。敷地にあるお稲荷様なので屋根は大きくはないですが銅の加工は少なくなっているので貴重な経験になります。

お稲荷様 銅版屋根工事

横長の屋根材に対して縦に入っている継ぎ手に見えるところがあやめ折がしてあり、実際には一枚の板で繋がっています。

夕暮れと稲穂と柿と屋根

農機具小屋 屋根外壁工事2 加須市騎西

加須市は埼玉で一番の米の生産量を誇る米どころです。
と言うことで加須市の騎西で農機具小屋の新築工事です。

農機具小屋 屋根外壁工事1 加須市騎西

工事はずっと前から始まっていましたが雨の影響なので遅れてしまいました。
ですが施主の理解も有って何とか板金工事は完了しました。

新築屋根工事3 羽生市

ベランダの防水工事あったので少し間をあけて屋根工事の続きです。
棟が付いたのでやっと屋根らしくなりました。

板金屋根工事4 羽生市

屋根材に写る影法師が長く、日がくれるのが早くなったことを実感します。