6月 | 2015 | 株式会社 平井板金
tel_top

外壁コーキングの打ち直し

今回は窯業系サイディングのコーキングの打ち直しを細かく説明したいと思います。

まずは切れたり、はがれているしまって雨漏りの危険がある所、あとは変色して色が気になる所などどこを直すかチェックします。
image

剥がしやすいようにカッターで両端に切れ目を入れてから剥がします
image

コーキングがはみ出てるとせっかく直しても汚くなってしまうので、大丈夫なようにマスキングテープを張ります。image

プライマーを塗ります。これを塗ることによって接着をより良くすることが出来ます。image

コーキングを打ちます。ケチらないで奥までたっぷり入れてください。
image

ハケなどを使ってはみ出たコーキングを取りつつしっかりと抑えていきます。image

マスキングテープを剥がして完成です。
image

 

 

窯業系のサイディング

外壁材でレンガ調の窯業系サイディングです。
窯業サイディングとはセメント質と繊維質で出来ている板状の外壁材で耐火性や工事時間の短縮に加えデザインの豊富さで今では一般住宅で一番使用されている外壁材です。
image

昔のレンガ調サイディングはいかにも似せて造りましたと言った感じでしたが、これなんかは凹凸が自然で色を使い分けてあるのですごくおしゃれですよね。

大型屋根工事3

屋根葺きの工程に進んでいます。

天気が悪く、小雨の中での作業です。前日にルーフィングを張り終えたので雨漏りの心配はありませんが、出来れば晴れているときに屋根葺きはしていです。
と、言ってもカンカンに晴れても嫌ですけどね。

大型屋根4

大型屋根工事2

前回に引き続き、野地材を張っていきます。
アーチ状の屋根部分で足場が不安定になるので足元を注意しながらの作業になります。

大型屋根1大型屋根2

晴天です!高いところは風が気持ちいい~

 

大型屋根工事

一般住宅を多く工事しているわが社ですが、野丁場の工事もやっています。
野丁場とは・・・大手会社から請け負って工事をすることを指し、規模の大きな工事が多いですのが特徴です。

今日の工事は屋根下地の搬入・荷揚げ・取り付けで、後日屋根を葺いていきます。
写真で見える野地材はクレーンで荷揚げした後に人力で運搬するのですが1枚37キロと重いため帰る頃には疲労で皆ヘトヘトです(笑

大型屋根3