5月 | 2015 | 株式会社 平井板金
tel_top

板金破風

破風とは屋根に付いている正面から見える屋根部分の所を言います。下写真の右上で新たに板金で包んであるところです。

板金破風

左上の破風はこれから包むので、今までと違いって綺麗になったのが分ると思います。

 

 

庇の軒天と板金

正面の板金を伸ばしてこの箇所は終わりです。
軒天はぼろぼろになっていることが多いです。直接は雨漏りには関係しないところではありますが、目に付きやすいところなのでここが綺麗になるだけでかなり良くなりますね。

軒天

雨漏り屋根

大工さんに頼まれて近くの雨漏りするお宅に行ってきました。

三晃葺きで新しく葺きましたが、ベランダがあって葺き直せないところ(小規模工事なのでベランダ撤去は厳しい)はそれ以外の方法で。
とくに雨漏りが怪しい谷の辺りはコーキングで隙間を埋め、さらに集水器(樋の水を落とすところ)が許容オーバーで雨水が溢れる可能性があったので新たに縦樋を追加して直しました。
棟も下地が腐っていましたが雨漏りにはいたってなかった模様です。

雨漏りと腐敗棟からの雨漏り

 

下地が黒く変色しているところが雨漏りしている形跡です。

軒天です。

軒天が古いとベニヤだとバリバリに剥がれてきたり、ペンキが落ちたり。モルタルの住まいは軒天もモルタルで、ヒビなどが有ると落下する恐れがあり、大変危険です。
板金で包んでしまえば、悪いところは下地から施工するので落下する心配が減ります。もちろん見た目もgoodですよ。

軒天

物置の屋根工事

ポリカボネート、通称ポリカの張替えです。

事前に解体をしたので、今日は取り付けだけになります。新しいポリカは太陽の光が適度に差し込むので物置の中は明るいです。

ポリカ

銅の雨漏り

瓦屋根で樋や谷に銅を使っていると相性の悪い瓦だと穴が空きやすく、雨水が多く滴れるところ、集中的に落ちる所に穴が空きやすいです。

緑色に色が変わっている所を緑青と言い、銅をサビから守ってくれるのですが穴が開いている所にはその緑青がないことから集中的な雨水によって流されてしまっているのが解ります。

銅樋銅捨て谷

捨て谷に穴が開いてしまうと建物の中に雨漏りしてしまうので、もし穴が空いていなくても写真のような状態の場合は注意が必要です。

 

 

 

折半屋根工事

昨日の続きで葺き上がった折半屋根に樋を取り付ける作業をしています。折半屋根は普通の住まいに比べ屋根を長くすることができるのでその分樋も大き目な物を取り付けます。

手前に見える金具が樋持ちで、それに軒樋を取り付けていきます。
折半屋根工事

雨漏りしやすいポイント

屋根工事と中樋の現場です。

中樋この工事は長屋の入り口部分を延長させる工事で、屋根葺きを頼まれました。
長屋の屋根と新たに出来た屋根の高さが違うので間に樋を取り付けて雨漏りがしないようになっています。このような所は構造上雨漏りしやすいので丁寧な工事を心がけています。

中樋以外にも谷や棟など、壁ならばサッシ回りなど雨漏りするポイントは大体決まっていますが複雑な作りの建物ほど、どうしても漏ってしまうことが多いので注意が必要です。

樋工事

元々は銅の樋が付いていましたが穴が開いてしまったため一部補修を行ってきました。
樋を止める金具(樋もち)はまだ使えたのでそれ以外の補修です。

樋