波形スレート屋根の改修は塗装?カバー?どっちがお得? | 株式会社 平井板金
tel_top

波形スレート屋根の改修は塗装?カバー?どっちがお得?

波形スレートの耐久年数は30年!30年目以降は?

波形スレートの屋根は今でも良く見かけますよね。

工場や倉庫、ちょっとした小屋等いろいろな場所に使われています。

ここ最近では新築で使うことは特殊な一部を除いて少なくなってきました。

 

少し前は主流だったこの屋根材。耐久年数は約30年と言われています。

最近はこの波形スレートの改修の話をよく聞くのですが、よくある質問に”塗装工事”と”カバー工事”どっちが良いの??という質問があります。

 

その答えとして、私が強くオススメするのは、

カバー工事です。

 

塗装工事と比べてやはり費用は少し高めにはなりますが、多くのメリットがカバー工事にはあります。

いくつかメリットを挙げさせていただくと、

①屋根材が新しく板金で葺かれるので見た目もスッキリして良くなる。

②スレートの劣化や割れで雨漏りしている箇所は塗装では治らないが、カバー工事では補修することが出来る。

③スレート屋根材は割れても、板金屋根は割れない

 

等、以上の事が挙げられます。

 

近年では豹や台風でスレートが破壊される事が良くあるので、やはり板金でカバーする方が長期的に見てもかなりお得です。

 

今回、板金で波形スレートをカバーする工事の動画をご用意しましたので、気になる方は下記より動画をご視聴ください。

https://www.youtube.com/watch?v=tbhNu6plUp8

 

塗装を考えている方も一度ご相談ください!