夏の暑さ対策の屋根リフォーム | 株式会社 平井板金
tel_top

夏の暑さ対策の屋根リフォーム

夏の日差しが常に照らされている屋根はとても熱くなります。屋根断熱通気工法はそれを改善する有効な工法なのでおすすめです。
日本の住宅の7割以上が断熱が不十分な建物です。不十分だと屋根の熱が小屋裏に伝わり室内へと移動するので、その熱を遮断する通気と断熱が有効な手段です。

トタン屋根で錆も出ているのでメンテナンスは必須な状態です。遮熱塗装で屋根の温度上昇を防ぐ方法もありますが、大きく改善するには建物の中から直すことが大切です。

スタイロホームの断熱材を敷き詰めて繋ぎ部は気密テープを張っています。これで屋根と小屋裏を完全に分けることで断熱性と気密性を高めます。エアコンの効きも改善するので夏場の暑さだけでなく冬場の暖かさも改善します。但し、家の暑さ寒さは外壁やサッシ、基礎なども大きな要素なので屋根リフォームだけでの過大な期待は注意してください。


通気垂木の上に構造用合板を貼ります。通気があるだけで夏場の気温上昇を7℃変化したという屋根材メーカー実験データもあります。又通気があることで冬場の結露も改善するので家の長持ちにもなります。

屋根の色はウグイス色です。色にこだわる人は少ないですが夏の温度上昇には色による影響が大きいです。黒系よりも白系をお勧めします。但し白系は塗装が遮熱ではなく汚れ防止の塗装の事があるので日射反射率の高い鋼板を選ぶと良いです。
最後に換気棟を付けて完成です。